外構業者としての志 〜 ファミリー庭園の外構サービス

外構工事の流れ,ファミリー庭園の志・想い,お客様により良い外構工事をご提案できるように知ってほしい事。これが関西2府4県で支持されている理由。

ファミテイは、お客様にとって「外構・エクステリアは簡単に買い替えの出来ない商品」だということをしっかりとわかっています。だからこそ、単なる“外構屋”ではなく、「お客様のお役に立ちたい」と真剣に考えています。

初めてのご訪問では・・・

始めてのお打合せは、しっかりと時間をかけます。


ファミ庭を知ってください。

まずは、ファミテイを知ってもらいます。安心して工事をまかせて頂くには、絶対に不可欠なことだと考えています。


お客様のことを教えてください。

お客様の事をなんでも教えてください。
例えば「車が好き」「こんなインテリアが好き」「ハイヒールをよく履く」「子供のために家を新築した」「来客が多い」「前の道路の交通量が意外と多い」「最近、このあたりに泥棒が入ったみたい」「緑が好きだが手入れは嫌い」など、外構に関係あろうが無かろうが、気にせず教えてください。私たちはそこからお客様にあったデザインを創造していくのです。


ご要望のヒアリング。目的をもった外構プラン

お客様のご要望を聞かせてください。ざっくりしたイメージでかまわないのです。
「○○邸のタイプが好き」とかでもかまいません。とにかく、「こんな事がしたい」「こんな事が気になる」などなんでも言ってみて下さい。ファミテイは、お客様のご要望と、前項で教えて頂いたことをもとに、デザインを創造していきます。
そして、お客様には一つだけ知って頂きたい事があります。
ファミテイは、「外構には目的を持つ」事を企業ポリシーとして掲げています。
外構デザインは流行に流されるだけではなく、目的を持ったデザインがとても素晴らしいと考えています。ご一緒に「目的を持った外構プラン」に仕上げていきましょう。


外溝エクステリアは安心な業者へ

ご予算とご要望だけ簡単に聞いて、あとは、プロの私たちに任せてください。といってプランをつくる業者が多いことに驚かされます。
一見、綺麗に描かれたプランニング図面は、実は、無駄が多く、いたずらに複雑なものだったりするのです。
任せて安心な業者かどうか、しっかりとご判断ください。

プランご提出時では・・・

外溝 エクステリアのプラン提出


プランは何回でもご提出します。

業者によっては、プラン作成ごとに費用がかかる場合があります。
ファミテイは、お客様がご納得いただけるまで、無料でプランを作成しなおします。また、プランを見ていただきながら、お客様の「外構の目的」を明確にしていきます!プラン提出3回目までは遠慮なくファミテイとお付き合い下さい。
プラン提出3回の理由


エクステリア部材のメリット・デメリットをしっかり伝えます。

どうしても予算の都合で、高い部材を選べない時ってあると思います。
ファミテイは、選ぶ部材のメリットデメリットをしっかりとお客様に伝え、デメリット部分についてはお客様にあったカバー方法をお伝えします!
例えば、「今は、AもBも見た目は似ている部材だけど、価格の安いB部材は、数年で汚れが目立ってくる」などがあります。でもそういった商品を選ぶ時には、メンテナンス方法をご説明することで、汚れのつき方は全然変わってきます。
ファミテイは、最初の施工だけなく、長年使用するお客様の事を考えます。


外溝・エクステリアの植栽はアフターまで考えます

外構のポイントになるのが植栽!
樹木は背がとても高くなるものなどがあり、数年経つと屋根にあたったなど、外構との調和がとれなくなるものもあります。また、室外機のそばの植栽は、すぐに枯れてしまうなど、「施工時はきれだったけど、後から考えると失敗した」と言って、当社でやり直しを求めるお客様がいらっしゃいます。ファミテイは植栽に関してもお客様の立場で選びます!
ファミテイに「お庭の手入れは任せたい。」というお客様には「植栽年間管理」も行っていますので、ご相談下さい。


外溝・エクステリアはお客様専任の担当者を設けます。

請負が確定しましたら、計3名の担当者がお客様をサポートいたします。プランナー担当・工事管理担当・メンテナンス担当の3人です。
その役割分担は明確です。計画目的をカタチにしていき、お客様に提供するオーダーメイド商品(外構プラン)のアドバイスをするがプランナー、そのオーダーメイド商品が間違いのない品質と無理のない工程で作品と完成に導くのが現場管理、オーダーメイド商品納品後の不備や生活環境による変化に対応するの専任メンテナンスです。もちろん、チームの連携もしっかりしています。


外溝・エクステリアプランは実用的なものか検討しましょう
プラン作成から外注へ出す業者がいます。
その業者の中には、下請業者へ無理難題を押し付けるところがあります。お客様の要望もろくに話さずに「とにかく急いで外構プランを作成してくれ!」と。下請業者は、徹夜してでも、カタチだけのプランを作成するのです。このような状況で、下請外構会社は本当のお客様のことを考えることができるのでしょうか。下請会社はメーカーの顔色を伺うのに必死なのです。
提出してもらったプランが本当に実用的なものかどうか、再度検討して下さい。

施工では・・・

ファミテイの外溝エクステリア工事は自社施工管理体制


外溝工事はお客様担当の施工管理者と専属職人による工事です

ファミテイの工事を行う職人は、必ずファミテイの施工を勉強しています。
ファミテイの専属職人は、まず、ファミテイの施工を勉強するのです。そして、各施工管理者の元で施工と採算を学び、お客様を喜ばすことで、自分たちも利益を得るということを体感してもらっています。
どうして、ファミテイは、専属職人にそれぞれの工事を依頼するのかというと、「利益の根源を理解した職人」は、次も仕事を依頼してもらう為に、求められた品質と約束された工期に向けて、全力を注ぐからです。また、現場管理をする者(現場監督)も、しっかりとした段取を組まないと施工班に迷惑が掛るので、姿勢が変わってきます。
ファミテイは、お客様にお届けする商品の品質の維持には、この体制がベストであると判断しています。


外溝エクステリアのことならいつでもご連絡下さい

ファミテイは、プランナー担当・工事管理担当・メンテナンス担当全員の連絡先をオープンにし、お客様からのお問い合わせ等にも即座に対応できる体制を整えています。


外溝工事前にはご近所様へご挨拶をします。

ファミテイは、近隣の方へ向けた工事挨拶書を作成し、メンテナンス担当が挨拶(お客様は同席されてもされなくてもどちらでも結構です)に回ります。
万一、何かあった時にお客様に関係のないことで気遣いをさせてしまうことならないよう、ファミテイから挨拶を行っています。 工事開始のご挨拶


ファミテイの外溝工事は自社施工管理体制で工事します ファミテイの職人グループは、施工チームを組み工事をし、仕上工事は品質安定の為、当社専任仕上職人たちが担当しています。
ファミテイは“外注丸投げ”方式を認めません。一つの現場を一つの下請会社に全ての工事を請け負わせる。これがいわゆる丸投げです。
これでは、会社自体が怠慢化し、施工請負としての責任感が気薄になり、また、入る下請施工によって商品の質が安定しないという事態を招きやすくなります。

ちなみに右の写真は、職人だった頃の渕上プランナーですよ。 秘蔵写真??

仕上げでは・・・

一見きれに仕上がっても同業者はビックリ!


手抜き工事ではないけれど・・・

外溝レンガの目地が大きすぎ ファミテイの外構工事の仕上げはきっちりしています。 左右のレンガの仕上がりはどう思われますか?
全てが左側のような感じで仕上げられている場合、そのお家の方は全体にきれに仕上がっていると感じ、特にクレームもないようです。
でも、同業者からみれば、目地の大きいザツな工事だなと感じるのです。
右側の写真のように、目地がちょうどいい感じで仕上がったら、もっとキレイなはず。

ファミテイの仕上げは同業者からも誉められる程きっちりとしています。

アフターメンテナンス

ファミテイでは、アフターメンテナンス制度を確立し、外構他社では絶対マネのできない専任メンテナンス担当社員が巡回しています。詳しくは下記ページよりご覧下さい。


キーワードから施工例を検索

キーワードで絞り込んで外構施工例をご覧いただけます。



職人さん募集!!
Google